トップページ

    このサイトではベンツ Eクラスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツ Eクラスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる業者に売りたい!」ということを考えているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    ベンツ Eクラスを高く売るために大切なことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1つの業者だけとか近くのメルセデスベンツ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら絶対に損をするので気を付けてください。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、ベンツ Eクラス(Mercedes-Benz)の買取価格の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大で50社にベンツ Eクラスの買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    しかも、全国に対応していて無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツ Eクラスの買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているベンツ Eクラスの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、数年落ちのベンツ Eクラスでも高く売れる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から電話が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ベンツ Eクラスの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちのベンツ Eクラスの買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのベンツ Eクラスであっても高額買取が実現します。

    最大で10もの会社がベンツ Eクラスを査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた車買取業者にあなたのベンツ Eクラスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者が愛用のベンツ Eクラスを査定します。

    1社でも多くの業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用してきたベンツ Eクラスを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車を専門とした外車買取店です。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツ Eクラスなら他の買取業者より高く売却できる可能性が高いです。
    なので、ドイツ車のベンツ Eクラスならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取金額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取店に見てもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切にしてきたベンツ Eクラスを売りましょう。







    インターネットを介して中古車の無料一括査定サイトを使うときの欠点として挙げるならば、一括査定サイトに登録されている会社から一気に勧誘の電話がかかってくることがあるでしょう。

    最初のステップとして自分でサイトを活用しているので、仕方ないことだと言えなくもないのですが、ストレスをためてしまうよりは、売却先が決定していなくてもすでに手元に車はないと言ってしまうのが一番楽に断る方法でしょう。

    一般的に、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に中古車の査定を申し込まなければなりません。

    協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、無料で査定してくれるわけではありません。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、見積もりを完了するために要する時間というのは単純に待っているだけの時間を除外すると約10分から15分程度です。

    さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階でのオークションなどの平均相場を基本としてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、それらの状態に応じた減額や加算をするとすぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    なるべく多くの会社から見積りをとって比較するのは、高額査定を引き出すコツと言われています。

    ただ、複数といっても何社位を指すのかというと10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。

    だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、比較検討するためと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。

    目的が達成できるのでしたら、査定は何社から受けようと結果的には問題がないということです。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は簡単に分けると2種類です。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    もっとも手軽で代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも買値は安くなりがちです。

    そうした下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法です。

    品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、高値になる傾向があります。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年でおおよそ1万kmが標準といわれています。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、稼働パーツが劣化していても気づかないケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    中古車買取店に車を査定してもらいたい場合は、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいはあらかじめ予約した時間に家まで来てもらうやり方とがあります。

    車を売ることが近所には知れてしまうかもしれませんが、それでも良ければ高額査定になりやすいという点で出張査定はおすすめです。

    この出張査定をうまく利用すると、一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、契約を巡る価格競争の結果、普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    更に、定番カラーでもあるシルバーは車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

    それとは逆に、これら以外の色では、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    査定の際に流行のボディカラーであったとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでには車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、年式が古い車の場合年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    愛車を売ろうという場合にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。